スポンサーリンク

Amazon「FireHD8タブレット キッズモデル」と通常FireHD8タブレットの違い(2019/3/19発売)知育、英語、外出先で大活躍しそうだが…?

ライフハック
スポンサーリンク


Amazonから「Fire HD 8タブレット キッズモデル」が2019年3月19日に発売された!
ノーマークだった!

うちの子2歳児なのにおばあちゃんのiPadを隠しても探し出して、動画やら音楽やら勝手に操作してしまうので困っていたところだ。よだれも垂らすし。

ちょうど良いかもしれないので、内容を確認してみようと思う。

スポンサーリンク

モノは通常のFire HD8と同じ。違いは4点。

スペックの比較などしようと思ったが、仕様表を見ると明らかだった。

「タブレット本体は2018年発売の第8世代」
つまりモノ自体は第8世代のFire HD8タブレットと同じと言うこと。
では何が違うのか?

違い①キッズカバーがついている。

見た目が通常と大きく違って、ブルーとピンクの大きなものになっているが、これはカバーがついているだけのようだ。

ちなみにキッズカバーは単品でも売っている。

 

違い②2年間の限定保証付き

2年間は無料で交換してくれる。

  • 落下。
  • 水をこぼした。
  • アクシデントで破損・故障・

などの場合でも交換してくれる。
「一定の条件が適用される」とは書いてあるが、特に気になる記載は見当たらなかったので安心して良いと思う。

気になる人は下記のリンク先をどうぞ。
参照:Amazonデバイス 2年間限定保証

違い③みまもり設定

後述するAmazon FreeTime内のペアレンタルコントロール機能の一環で、下記の設定ができる。

  • 利用時間の制限。
  • コンテンツの追加、削除。
  • 勉強のゴール設定。

学習目標に達しないと、動画を見られないなどの親大喜びの機能もある。

Amazon FreeTime Unliitedは、ほかのFireタブレットでも使えるようなので、キッズモデル特有の機能ではないようだ。

後ほどFire10で確認してみようと思う。

→確認してみた。Fire10タブレットでも可能だった(リンク)

違い④子供向けコンテンツ(Amazon FreeTime Unliited)が1年間無料。

Amazon FreeTime Unliitedという、子供向けコンテンツが1年間無料でついてくる。
このキッズモデルと同時に始まったサービスだ。
通常はプライム会員だと480円から、一般会員では980円の月額で利用できる。(2019年3月19日現在)

  • 絵本
  • 学習まんが
  • 児童書
  • 子供向けアプリ
  • ゲーム
  • ビデオ
  • その他の知育コンテンツ
  • 英語学習用のアプリ、絵本、ビデオ

内容は、Amazonのページを見ても詳しい内容がよくわからない。
手持ちのFire10HDでも30日間無料で体験できるそうなので、後ほど実際に確認してまとめるので、少し待って欲しい。

注意点(気づいた事)

通信はWi-fiのみ

通信はWi-fiのみなので、外で使用するためには動画などはダウンロードしておく必要がある。

ただ本体ストレージも32GBあるし、MicroSDカードも使用できるので両々は問題無いだろう。

防水ではない

特に防水機能などは無い。

ただ、水濡れでの故障は交換してもらえるのが特徴なので、これもあまり気にする必要はないかも。

まとめ・感想

キッズカバーは単品でも買えるし、Amazon FreeTime Unliitedもキッズモデルじゃなくても使える。

普通のFireHD8とカバーを買って、Amazon FreeTime Unliitedに加入すれば良さそうだが、2年間保証と1年間のAmazon FreeTime Unliitedがついてくる事を考えると、多少安いくらいの感じだ。

とはいえ、大人のメインのタブレットやスマホの故障や、ストレージを圧迫する事を考えれば、ひとつ持っておいても良いのかもしれない。

すでにFireタブレットを持っている人は、カバーとAmazon FreeTime Unliitedへの加入で済ましてしまうのも手かも。

Fire10を持っているので、まずはAmazon FreeTime Unliitedを30日体験してみて、良さそうなら子供専用機として購入しようと思う。

Fire10HDタブレットでの導入方法はこちらの記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました