スポンサーリンク

Amazonの子供向け新サービス「FreeTime Unlimited」の登録方法、登録できない場合の対処。Fire10HDで実際に導入した。

ライフハック
スポンサーリンク


Amazonから「Fire HD 8タブレット キッズモデル」が2019年3月19日に発売された!

タブレットについてはこっちの記事を参照してほしい。

今回はその中核となる、Amazonの子供向けサービス「FreeTime Unlimited」だが、どうもキッズモデル以外でも利用できるようだ。

実際にFire10HDタブレットに導入して確認してみたが、登録にたどり着くのがとても大変だった。

スポンサーリンク

FreeTime Unlimitedとは?何ができる?

Freetime Unlimitedとは、子供がFireタブレットを使うためのサービス。

簡単にまとめるとこんなことができる。

親ができる設定(ペアレントダッシュボード)

ペアレンタルコントロールの、とても細かく設定できるものだ。

下記のような設定ができる。

 

  • 子供が使用できる本、ビデオ、アプリ、ゲーム、ブラウザを選択できる。
  • 1日の利用時間の上限をできる。
  • 使用できる時間帯を設定できる。
  • 読書や、勉強のノルマを設定し、クリアしないと他のコンテンツを使用できないよう設定できる。
  • 年齢フィルターで、年齢に合ったコンテンツのみの表示ができる。
  • 子供用のプロフィールは4人分設定できる。

 

一度設定してしまえば、子供に持たせたままでも安心できそうだ。

また、「教育系」のコンテンツを一定時間こなさないと「エンターテインメント系」のコンテンツにアクセスできない、といった設定も親にはうれしい。

登録、導入方法

「Fire HD 8タブレット キッズモデル」の場合は、最初から1年間無料で適用されているので省略。

今回は家にあったFire10タブレットで導入してみる。

登録方法:タブレットで「フリータイム」アプリを使用する。

Amazonのサイトを見ても、全然どうしたら良いのか説明はない。

実は、お手持ちのタブレットが適切にアップデートされていれば、アプリのリストの中にいつの間にか「フリータイム」アプリが追加されている。

ここをクリックすると、下のような感じで登録画面が現れる。

あとは指示に従って進んでゆけば特に難しいことはない。

「フリータイム」アプリが出てこない場合の対処

アップデートする。

設定→端末オプション→システムアップデートでアップデートできる。

うまく行けばアプリが現れるはず。

再起動する。

電源ボタンを長押しして電源を切り、再び起動すればアプリが現れる場合もある。

容量を確保してアップデート、再起動する。

アップデート&再起動を繰り返したが、アプリは現れず途方に暮れた。

ふと思い立ち、ダウンロードしていたビデオ類を消してもう一度やってみると、ちゃんとフリータイムアプリが出てきていた。

ある程度の容量がないと、アップデートしても出てこないようだ。

警告文とか一切出てこないからわからないよ…

まとめ

サイトに説明がなく、たどり着くまでが大変だったが登録自体は簡単だった。

30日間無料なので、Amazonのタブレットを持っている人は登録してみてはどうだろうか。

「子供用に買う!」という人は、最初からキッズモデルを買ってしまえば面倒くさくなくて良いと思う。

キッズモデルの特徴についてはこちらの記事で紹介したのでご参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました