スポンサーリンク

塀が無い家の敷地に子供が侵入してくる!なるべく穏便に解決する方法。

狭小住宅
スポンサーリンク

 家のまわりが鬼ごっこスポットになってしまった!

全体的に予算が足りなかったので、塀を作らなかった結果である。

「子供くらい…」と思われるかもしれないが、ここは住宅密集地の狭小住宅。

常に子供が壁にへばりついている家を想像して欲しい。

窓の外を見るとすぐそこに見知らぬ子供の顔があるのだ。

落ち着かない!

なるべく穏便に、誰も傷つかないように対処することにした。

やっとのことで手に入れた持ち家。そう簡単には引っ越したりできないのだ。

スポンサーリンク

そもそもの発端:お隣さんが作るかも作戦の失敗

見積りが予算を500万もオーバーしていたため、塀は作らないことにした。

ちょうど、減額調整でもめている時(参照:減額の話)、同時にお隣や裏も新築中だった。

「もしかしたらお隣さんが作るかもしれないし、様子見しよう」

という希望的観測からの結論だった。

で、結局誰も作らなかったのだ。お隣も裏も4軒すべて。

みんな同じ事を考えていたのかもしれないし、気にしなかったのかもしれない。

とにかく、鬼ごっこに最適な、素敵な十字路が完成してしまった!

侵入者発見!

最初の遭遇:迷い込んでくる子供

春頃から、ふらっと迷い込んでくる子供がちらほら現れるようになった。

物音や人の気配がするのでふと外を見ると、ランドセルを背負った子供がいる。

大体1人で、男の子、女の子問わずいた。

面白そうな小道を見つけて入ってきてしまったのだろう。

まあよくある事だとあまり気せず放置していた。

増殖:鬼ごっこスポットになる

だんだん子供が増えてきて、最終的には人気スポットになってしまった!

「新しくできた隠れ家スポット」的な評判が子供たちの中で広まってしまったのかもしれない。

毎日学校が終わるとやってきて、鬼ごっこが開催される事態に発展した!

侵入者への対処

落ち着かない!!

家の中が丸見えだし、目が合うのも嫌だ。

裏に積んでる鉢なんかも散らばってきているし。

ちょっと対処することにした。

ただ子供たちも近所の家の子だろうし、うちはこのあたりでは新参者。

なるべく穏便に、できれば子供たちのやる気をなくす方向で対処することにした。

1.本人に注意する

もちろん、最初は本人に注意した

「危ないし、人のお家だからやめようね」みたいな感じで、やさしく

ゴラァ!!」ってやるとどんな逆恨みやペアレントが出てくるかわからない。

もめても賃貸じゃないのでそんな簡単に引っ越せないのでかなり気を遣う

大体の子は素直に聞いてくれた。と思う。

けど再犯もいた。

更に流行になっていたため、人数が多すぎて全員に対処することはできなかった

2.防犯砂利を敷く

「防犯砂利」を購入して敷いてみた。

上を歩くとザッザッと大きな音(70dbらしい)が鳴る。

侵入者がくるとわかるし、心理的に通りたくなくなるかもしれない。

40Lが12袋も必要だったし、大変な作業だった。

効果:無垢な子供には逆効果

泥棒とか覗きみたいな、悪事の自覚がある相手には効果がありそうだ。

しかし、今回の相手は子供

悪意がないので、音が鳴っても気にならないようだ。

むしろ音が鳴るのが楽しいみたいで逆効果だった!

お土産に持ち帰ったり、その辺にばらまかれたりもしていた。

あと、柔らかいのでアスファルトに線書いたりできるみたい。

結局、自分たちだけが音に悩まされることになった。

3.小学校に相談する

子供たちの学校はわかっていたので、電話で相談した。

生徒指導の先生が対応してくれて、「全校集会の時に注意しますね」と言ってくれた。

先生って仕事は本当に大変だ。

おかげで多少減ったとは思う。

しかし、1〜2週間ほどするとまた戻ってきた

小学生ってそんなものだ。気持ちはわかる。

4.中庭に網を張る(ついでにグリーンカーテン)

せめて「コの字」の内側の中庭には入ってこないように、を張ることにした。

中庭と言っても幅160cmしかないので、グリーンカーテン用のもので十分。

ついでにゴーヤなどの蔓を這わせれば、収穫もできて一石二鳥

さすがに、中庭まで網をかき分けて入ってくる強者は現れなかった。

しかし、まだ隣地との境界は依然人気のままだった。

5.植物を植える

防犯砂利をやめて、びっしり植物を植えることにした

相当な悪でない限り、植物を植えているところにドカドカ入らないだろう。

花壇を踏み荒らすレベルの強者がいれば無駄かもしれないが、そんなに治安の悪い地域ではないはず。

むしろ、そこまでやられれば出るとこに出てもいいんじゃないか。

 

で、日陰なのと、費用を考慮してシダ類を植えることにした。

シダ好きなのだ。恐竜時代っぽくて。

水槽内で使っている水草もミクロソリウムとか、ボルビティスとかシダ類がほとんどだ。

これは別の話。(参照:カブトニオイガメと水草の話)

 

シダは実家の田舎メルカリで調達し、数千円くらいで収まった。

思いのほか効果があったようで、侵入者はほとんど入ってこなくなった。

ボツ案

ボツになった対策案も一応書いておこう。

やっぱり塀をつくる

本当はこうしたい。

けど予算がない。

ブロック塀でも15万くらいはかかるみたい。

将来的には絶対作るのだ!

警察に連絡する

これも考えたけど、子供のことだとあまり取り合ってはもらえないみたい。

まあ仕方ないと思う。

子供について行って親に注意する

どんな親がいるかわからないし、もめたくないので却下。

そもそもそんなに気が強くない。

防犯カメラ、警報

カメラで証拠を捉えたところで、警察も動かない、親にも言えない。

意味が無いのでカメラは却下。

警報も、逆に楽しくなって防犯砂利の二の舞になりそう。

有刺鉄線とか、罠をしかける

論外。危険。

けがをさせてはいけない。

ちなみに不法侵入の子供が敷地内でけがをした場合、こちらの責任になるそう。

「なんじゃそりゃ」と思うけど、決まっているものはくつがえせない。

まとめ

シダによる「なんか入りたくない」と思わせる作戦が成功した。

相手が子供で、通り抜けやすい環境だったのが原因だったからだと思う。

泥棒とか、動物が相手の場合はあまり効果がないかもしれない。

不安な人は、簡単でもいいので最初から塀を作っておくのが一番おすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました