スポンサーリンク

黒缶の種類の比較。似てるけど別物だった!これだけで生きていける?

猫ズ(サイベリアン兄弟)
スポンサーリンク

以前、猫ズのごはんについて書きましたが、黒缶のことを忘れていました。

ノーチさんとウートラさんは黒缶大好きです。

ウェットフードで迷ったら、黒缶買っとけば良いと思います。

ただ、種類が多くてややこしくてわかりづらい!!!

黒缶の中で更に迷う羽目になります。

頑張って調べてやっと違いがわかったので、発表したいと思います!

スポンサーリンク

1.黒缶のよいところ(おさらい)

一応、黒缶のよさについておさらいしておきますが、読み飛ばしてもらってかまいません!

「なんとか剤」が入っていない。

「なんとか剤」みたいなよくわからないものが入ってないので、いろいろと考える必要がありません。

公式HPより、成分表をお借りして見てみると

魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュエキス)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Cu、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1、B2、葉酸、ビオチン)

「魚」と「オリゴ糖」と「ミネラル」と「ビタミン」しか入ってないです。

総合栄養食!

「総合栄養食」とは、メインの「食事」として与えることができるフードです。

他のウェットフードに書いてある「一般食」、これはおやつです。

安い

160gの1缶100円くらいで買えます。

パウチ70gなんか50円前後です。

例えばニュートロと比較すると、ニュートロは75gで300円くらいします。

他も大体そのくらいです。

どこでも買える

大体どこでも売っています。

  • ペット用品店
  • ホームセンター
  • Amazon
  • チャーム
  • ヨドバシ

などなど。

おいしい

とにかくおいしいらしく、カリカリをいくらあげてもこれがないとごはんタイムが終わりません。

カリカリを食べながら黒缶を要求するノーチさん

2.黒缶の種類の違いと注意点

さて、ここからが本題。

黒缶は色々バリエーションがあって正直わかりづらいです。

迷ったら160gの黒缶のマグロが入っているやつを買っておけば間違いないです。

公式HPに詳しく載っていますが、明記されていない違いもあるので簡単に説明します。

ややこしくなりそうなので、高齢猫用のラインナップは比較からは省きました。

一番大きな違い:まぐろorかつお

おもな原料で3タイプにわけることができました!

上の4つはまぐろとかつおのミックスで、まぐろが多く、これがよさそうです。

下に行くにつれ、かつおの割合が多くなっています。

【まぐろとかつおのミックス まぐろが多い

  • 黒缶まぐろミックス(160g)
  • 黒缶ミニ(80g)
  • 黒缶パウチ(ゼリー)
  • 黒缶パウチ(水煮)

【まぐろとかつおのミックス かつおが多い】

  • 黒缶3P(160g)

【かつおのみ】

  • 毎日黒缶3P(160g)

【魚介類(カツオ等)】

  • 黒缶シュシュ6P(60g)

注意!3缶パックは実は別物!!

これ

とこれ

1缶か3缶の違いかに見えますが実は別物です。
これはよーく見ないとわからないポイントです。

下の成分表の違いがわかるでしょうか?

【1缶タイプ】黒缶まぐろミックス(160g)

魚介類(マグロ、カツオ、フィッシュエキス)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Cu、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1、B2、葉酸、ビオチン)

【3缶パック】黒缶3P(160g)

魚介類(カツオ、マグロ、フィッシュエキス)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Cu、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1、B2、葉酸、ビオチン)

 

おわかりいただけただろうか…

マグロとカツオの並び順が違う!

成分表の並び順は分量の多い順です。

つまり1缶タイプのほうがマグロの分量が多いということです。

注意!「毎日」黒缶はさらに別物!

これまたそっくりですが、かつおメインでまぐろははいっていません。

わかりづらいなあ。

ちなみに他はタイ産ですがこれは韓国産です。

注意!黒缶シュシュは「一般食」

こちらの「黒缶シュシュ」は「総合栄養食」ではないので、これだけではだめです。

間食みたいなもんです。

パウチタイプと缶の違いは?

下の4つは内容はほとんど同じです。

量と食感が違うので、1回の消費量やゴミ出しの好みで決めればよいと思います。

  • 黒缶まぐろミックス(160g)
  • 黒缶ミニ(80g)
  • 黒缶パウチ(ゼリータイプ)(70g)
  • 黒缶パウチ(水煮タイプ)(70g)

結局どれにすれば良いのか?(Amazonリンクまとめ)

まぐろメインの下記の4種類から、サイズと味の好みで好きなのを選べばよいと思います。

Amazonでうまくまとまっていなくてこれまたわかりづらいので、まとめておきます。

(まとめ買いがあったりなかったりでマチマチになっています)

黒缶まぐろミックス(160g)

黒缶ミニ(80g)

黒缶パウチゼリータイプ(70g)

黒缶パウチ水煮タイプ

3.「総合栄養食」黒缶だけで生きていけるか?

サイベリアン兄弟で動物実験したわけではありません。

ある日、カリカリを切らしてしまい、どうしても次の日にしか手に入らない日があり。

「総合栄養食」なので栄養的には大丈夫だろうということで、その日は黒缶だけで過ごすことにしました。

【結果】

ウートラさんは黒缶大好きだし大丈夫でした。大喜びでした。

ノーチさんは慣れないせいなのかお腹がゆるくなってしまいました。

個人差はありますが、カリカリと併用したほうがよさそうです。

4.感想

「黒缶のことも書いとくか~」的な軽い気持ちで書き始めたら、結構大変でしたが頑張ってしまいました。

きっとウートラさんの黒缶への愛が乗り移ってしまったのだと思います。

おしまい。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました