塀が無い家の敷地に子供が侵入してくる!なるべく穏便に解決する方法。一番有効だったのはシダ。

予算の都合で塀を作らなかったら、家のまわりが鬼ごっこスポットになってしまった!

全体的に予算が足りなかったので、塀を作らなかった結果である。

ご近所との関係も悪くしたくないし、穏便に解決する方法を模索した。

どの方法が一番有効だったのだろうか?

スポンサーリンク

発端:「お隣さんが作るかも」作戦の失敗

見積りが予算を500万もオーバーしていたため、塀は作らないことにした。

同時にお隣や裏も新築中だったので、「もしかしたらお隣さんが作るかもしれないし、様子見しよう」と。

で、結局誰も作らなかったのだ。お隣も裏も4軒すべて。

みんな同じ事を考えていたのかもしれないし、気にしなかったのかもしれない。

とにかく、鬼ごっこに最適な、素敵な十字路が完成してしまった!

侵入者発見!

最初の遭遇:迷い込んでくる子供

春頃から、ふらっと迷い込んでくる子供がちらほら現れるようになった。

物音や人の気配がするのでふと外を見ると、ランドセルを背負った子供がいる。

大体1人で、男の子、女の子問わずいた。

面白そうな小道を見つけて入ってきてしまったのだろう。

まあよくある事だとあまり気せず放置していた。

増殖:鬼ごっこスポットになる

だんだん子供が増えてきて、最終的には人気スポットになってしまった!

「新しくできた隠れ家スポット」的な評判が子供たちの中で広まってしまったのかもしれない。

毎日学校が終わるとやってきて、鬼ごっこが開催される事態に発展した!

侵入者への対処

「子供くらい…」と思う人もいるだろう。わたしも最初はそうだった。

しかしここは住宅密集地。問題の隣地境界は幅1mくらいしかない。侵入者がいると、窓のすぐそこに顔があるのだ。

裏に積んでる鉢なんかも散らばってきた。

 

結構ストレスを感じてきたので、ちょっと対処することにした。

子供たちも近所の家の子だろうし、あまり揉めたくはない。

なるべく穏便に、できれば子供たちのやる気をなくす方向で対処することにした。

1.本人にやさしく注意する。大半は良い子だったが…

もちろん、最初は本人に注意した。

「危ないし、人のお家だからやめようね」みたいな感じで、やさしく。

「ゴラァ!!」ってやって、怖い親が来たりしたら嫌だ。

 

大体の子は素直に聞いてくれた。と思う。

けど再犯も多い。別の子が新たに来たりする。すごい魅力の鬼ごっこスポットだ。

更に流行になっていたため、人数が多すぎて全員に対処することはできなかった。

2.防犯砂利を敷くが、無邪気な子供には逆効果。そして副作用。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,084(2020/06/06 21:32:35時点 Amazon調べ-詳細)

「防犯砂利」を購入して敷いてみた。

上を歩くとザッザッと大きな音(70dbらしい)が鳴る。

侵入者がくるとわかるし、心理的に通りたくなくなるかもしれない。

40Lが12袋も必要だったし、なかなか大変な作業だった。

 

泥棒とか覗きみたいな、「悪いことをしている自覚のある相手」には効果がありそうだ。

しかし、今回の相手は無邪気な子供。悪意がないので、音が鳴っても気にならないようだ。

むしろ踏むと音が鳴るのが楽しいようで、逆効果だった!

 

その他

  • お土産に持ち帰る。
  • その辺の道路ににばらまかれる。
  • チョーク代わりにアスファルトにお絵描き。

などの楽しい副作用が発生。

 

結局、自分たちだけが音に悩まされることになった。

3.小学校に相談する

子供たちの学校はわかっていたので、電話で相談した。

生徒指導の先生が対応してくれて、「全校集会の時に注意しますね」と言ってくれた。

先生って仕事は本当に大変だ。

おかげで多少減ったとは思う。

しかし、1〜2週間ほどするとまた戻ってきた

小学生ってそんなものだ。気持ちはわかる。

4.中庭に網を張る(ついでにグリーンカーテン)

created by Rinker
クラーク
¥3,150(2020/06/06 21:32:35時点 Amazon調べ-詳細)

せめて「コの字」の内側の中庭には入ってこないように、を張ることにした。

中庭と言っても幅160cmしかないので、グリーンカーテン用のもので十分。

ついでにゴーヤなどの蔓を這わせれば、収穫もできて一石二鳥

さすがに、中庭まで網をかき分けて入ってくる強者は現れなかった。

しかし、まだ隣地との境界は依然人気のままだった。

5.植物を植えると侵入はなくなった

せっかくがんばって敷いた防犯砂利だが、撤去してびっしり植物を植えることにした

相当なワルでない限り、植物を踏みつけながら入っては来ないだろう。

花壇を踏み荒らすレベルのワルがいれば無駄かもしれないが、そんなに治安の悪い地域ではないはず。

むしろ、そこまでやられればもう警察だ。

 

日陰なのと、費用を考慮してシダ類を植えることにした。

ちょうど、アクアリウムの方でもシダ類にはまっていた頃だったのだ。

植えたのはベニシダや、

コゴミや、

オシダや、

謎のシダなど。

 

思いのほか効果があり、侵入者はほとんど入ってこなくなった。

 

シダは結構雑草が生い茂っている感もでてしまうので、ダイカンドラくらいのグランドカバーでもよかったのかもしれない。

シダで効果が出なければトゲトゲの薔薇を植えるつもりだったが、そこまでは必要なくてよかった。

その他の、やらなかったボツ対策案

ボツになった対策案も一応書いておこう。

やっぱり塀をつくる

本当はこうしたい。けど予算がない。

ブロック塀でも15万くらいはかかるみたい。

将来的には絶対作るのだ!

警察に連絡する

これも考えたけど、子供のことだとあまり取り合ってはもらえないみたい。

まあ仕方ないと思う。

子供について行って親に注意する

どんな親がいるかわからないし、もめたくないので却下。

そもそもそんなに気が強くない。

防犯カメラ、警報

カメラで証拠を捉えたところで、警察も動かない、親にも言えない。

意味が無いのでカメラは却下。

警報も、逆に楽しくなって防犯砂利の二の舞になりそう。

有刺鉄線とか、罠をしかける

論外。危険。

けがをさせてはいけない。

ちなみに不法侵入の子供が敷地内でけがをした場合、こちらの責任になるそう。

「なんじゃそりゃ」と思うけど、決まっているものはくつがえせない。

まとめ

侵入者は悪事の自覚のない無邪気な子供だったので、防犯砂利などは効果がなかった。

一方でシダによる「なんか入りたくない」と思わせる作戦が成功した。

 

泥棒とか、動物が相手の場合はあまり効果がないかもしれないし、今回ダメだった防犯砂利や防犯カメラが逆に有効だと思う。

やっぱり塀を作れればそれが一番。

created by Rinker
中発販売(chuhatsuhanbai)
¥4,333(2020/06/07 06:04:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
電電広告
¥1,110(2020/06/06 22:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました