カメ水槽でネイチャーアクアリウム①カメがいてもできる事を考える

スポンサーリンク

カメ水槽をもっとネイチャーアクアリウムらしくしたい

90cm水槽でカブトニオイガメを飼いつつ、水草水槽となんとか両立させている。

しかし最低限の両立でしかなく、ネイチャーアクアリウムとは程遠いものとなっていた。

本来、ネイチャーアクアリウムとして始めたのに、合流したカメに水槽を乗っ取られてしまった!

ネイチャーアクアリウムとしてやり直すため、試行錯誤してみたいと思う。

最終目標は、「亀のいるまま世界水草レイアウトコンテストに出る」ことだ。

世界水草レイアウトコンテスト
世界最大の水草レイアウト、ネイチャーアクアリウムのコンテスト。

現状の90cm水槽

現状の水槽は↑のとおり。

低床はコロラドサンドを極薄。

大きめの流木を1つだけいれ、活着性の水草を巻き付けている。

水草の種類はミクロソリウムボルビティスだけだ。

カメによる制限

今の構成になった理由は、下記のような制限があるからだ。

カメが穴を掘るのでソイルは使えない。巻き上げて成分が溶け出して苔だらけになるし、フィルターがすぐに詰まる。
ソイルが使えないので、活着性の水草しか使えない。
小さな流木は亀が動かしてしまうので、大きな流木ひとつのみを入れている。

カメのいるままネイチャーアクアリウムにするにはどうするか?

実は、前々から参考にできそうだと思っている水槽がある。

これだ。

すみだ水族館の入口にある「自然水景」。

ADAの天野氏の手がけた水槽だ。

規模はかなり違うが、参考になる。

低床が砂だし、活着性水草を用いている。

あとは同じくすみだ水族館のこれ。

雲山石の巨大版のような溶岩石。これを採用しよう。

ミスト式で雲山石にウィローモスを活着させる

水槽は一つしかないのでリセットはしない。

カメがいるので、水槽の中で活着を待つことはできない。

なのでミスト式で、活着したら水草に入れることにする。

ミスト式というのは、注水しない状態で水草を活着や成長させる方法だ。

霧吹きなどで湿らせ、ラップなどで湿度を保つ。

タナカカツキ氏の水槽学部のブログを参考にしている。

ミスト式時代到来 その1
顧問のタナカカツキです。顧問はサウナと水草水槽を友としております。サウナと水草水槽は一見別のものですがつきあっていると同じようなエッセンスを楽しんでいることがわかります。どちらも箱のなかの自然とのつきあいです。魂を開放する瞑想でございます。

初日の様子

たまたま良いサイズの雲山石が手に入ったので、モスをミスト式で活着させてみよう。

あまりコストはかけられないため、家にあった100均の容器を使う。

照明も、90㎝水槽の光をそのまま流用する。

モスを貼り付け(置いただけ)。せっかくなのでミクロソリウムナローも穴に突っ込んで活着するか様子を見る。

メイン90cm水槽手前にテーブルを置き、照明を借りる。

 

ラップをかけるとこうなる。

カメも気になる様子。

あとがき

うまく活着するかはわからないけど、これで1カ月ほど様子を見てみよう。

今2月で気温が低いのが気がかりだ。

世界水草レイアウトコンテストへの道は遠い。

遠いが、一歩近づいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました