ソルソパークで買った吊下げ植物たち。予算1万円でジャングル感をかもしたい!

ソルソパーク(青山)で吊下げ植物たちを買ったので、忘れないよう記録ついでに紹介しよう。

水槽のある土間ジャングル化したいのだけど、まずは予算1万円でたくさんボリューミーな奴らを揃えたい。

スポンサーリンク

SOLSO parkソルソパークとは


ソルソパークは、南青山にある、スタイリッシュな植物屋さん兼公園。

二子玉川の蔦屋家電、日本橋高島屋、新宿伊勢丹の植物コーナーSOLSO HOMEの系列。

川崎にあるSOLSO Farmはここの農場で、ハーブや屋外の植物も売っている。

東京で素敵な植物ならとりあえずSOLSOを見に行く。そんなお店。

値段も適正というか、お洒落なインテリアショップなんかより全然安い。

SOLSO PARK
株式会社DAISHIZEN / SOLSO PARK、南青山、植物や各種ツール販売、プロデュースを行っています。

吊下げ植物で土間をジャングル化したい

水槽のある土間をこんな感じ↑にごっちゃごっちゃのグリーングリーンのジャングルにしたい。

すでに色んなものでごちゃごちゃではあるのだが…

植物があるとごちゃごちゃでもお洒落に見えるから不思議だ。

片づけは苦手なので、その不思議さにあやかりたい!

購入した吊下げ植物4種

ハンギングの植物はあまり詳しくないので、そんなに高くなくてピンときたものを連れて帰りたい。

2時間ほど悩みに悩み、今回購入したのは以下の4種。

  • エスキナンサス
  • リプサリス①
  • リプサリス②
  • オエオニエラ

エスキナンサスはボリューミー!

エスキナンサス

エスキナンサス

今回買った中で一番大きい今回の目玉。4000円程度。

緑の濃い厚めの葉と、小さくて赤い花がジャングル感。

“みんなの趣味の園芸”によると、インド・マレーシアの着生植物だそう。

着生させてみたい…

水やりは乾いてきたらやるくらいか。

リプサリスはインパクト大

“みんなの趣味の園芸”によると、中央アメリカ、南アメリカ、西インド諸島などの熱帯林の樹上で見られる。着生サボテンの仲間。

見た目の違う2種類購入。1株2,000円程度。

チリチリしてて可愛い。

サボテンの仲間なので水やりは2週間に1度くらい。冬は断水。

上のエスキナンサスと頻度が違うから気を付けないと。

オエオニエラは奇妙なアクセントに

“オオ”オニエラじゃなくてオエオニエラ。不思議な名前だ。

蘭は根っこのグネグネ感の茎の奇妙さが好きだ。花が咲くとギャップも良い。

レジ前にぶら下がっていたのが可愛くて追加した。

ネットであまり情報がみつからないが、アングレカムというやつの近縁種らしいので参考にすると、

夏は頻繁に水やり、冬は乾かし気味で育てるようだ。

小さいので水槽上にぶら下げよう。

ジャングルへの第一歩を踏み出した!

水槽回り、まだまだボリュームが薄いがそれなりのジャングル感が出てきた。

これは良い。もっともさもささせたい…

今回買った植物の一つが事件を引き起こしたのだが、それはまた次回。

水槽の植物育成ライトがどこまでやれるだろうか

以前紹介したが、水槽のライトはAMATERAS LEDという太陽光を再現した水草育成ライト。

植物育成ライトとしても使えるものだ。

AMATERASから漏れる光と、水槽の反射がちょうど良いんじゃなかろうか。

足りなかったら買い足して吊下げを照らそう。

created by Rinker
小学館
¥2,200(2020/04/07 04:31:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました